EXCELLENT ART(Germany)2019 – Floating Color Tones –

Floating Color Tones

Kazuko Misawa’s medium for depicting the internal and the external world is color. The artist’s impasto application gives her colors a special intensity, allowing them to shine. Phosphorescent color chorales redefine nature. It is implication rather than clear statements that describe the rare moments the artist seeks to capture in order to imbue them with the individual soul and spirit. Monet’s Water Lily Pond has obviously inspired Misawa, and yet, she has completely made this theme her own. Purposefully guiding its momentum towards a minimalist lightness, her shapes dissolve in the floating magic of color tones melting into one another. Vibrating spots of color disperse under the influence of her spontaneous, relaxed brush stroke.

Enter into ART 2019        Written by  :  Gabriele Walter

*日本語訳はニュース(5月7日)に掲載しました。

評論「かずこブルーの奇跡」(抜粋)

この赤は本当は青なのです。
よく見てください。
赤い青なのです、ほんとうは。

黄色い青なのです、ほんとうは。
青い青なのです、ほんとうは。

深い青がたくさんの花となってここでほころんでいるのです。
そうです、奇跡が遂に完成されたのです。

ごらんなさい。
画家のいのちからまっすぐに咲きでてきた花ばなを。
ふつふつとたぎっている、ひたすらな…。

2014年  山本 忠勝 氏 (元神戸新聞編集委員)

2007 Mide Libre 紙 (カルカッソンヌ、フランス)

濃い青は、彼女の画布の上で普通の存在であるとともに、布地を超え、
照明をも超えた光沢を放つ。
何度も何度も積み重ねられた筆の厚みによって幾つものバリエーション
を生み出している。その青は型にはまることをきらい、青のグラデーシ
ョンは作家の揺れ動く内面の変化に従っている。